2012年12月21日 (金)

やまの会晩餐会

昨日はやまの会晩餐会でした!
いつものメンバーに西田船長や関川シェフやラララのよっちゃんなど素敵で尊敬する仲間とともに、皆の作った食材の料理!テーブルに並びきらないほどの料理は毎度のことで写真を撮ることを忘れて、ただ純粋に食べることを楽しみました。
みんなありがとう!ごちそうさま!
そして、今回は日本農業新聞の取材も兼ねてありました。
恐縮ですが、僕がメインの記事で、1月3日の全国版に掲載される予定ですので、よければご覧下さい。

2012年12月 2日 (日)

2012-12-02 茶月斎 sagra やまの会レストラン

会場の茶月斎についた時(13時)に富樫家の豆腐パンのワークショップでした

みんなでこねこね

ビュッフェスタイルで、我が家はご好意で相席させてもらいました(^^)

ランチタイムのシゼトモ絵本の朗読は原作者のハルさん

LaLaLaファームのトマトジュース、おいしい~

2012年11月16日 (金)

久遠小4年生農業祭

今年で4年目の久遠小学校での料理体験。今年も山の会のみんなと横山さんと協力して、4年生と親御さんと一緒に料理をしました。
まず、子供たちの発表会。10/4に各農場を見学した時に学んだことを発表してくれました。気持ちのこもった手作り新聞に、見学したあとに自分たちで詳しく調べたこともあり、感動しました。
それから僕の担当するうちの生クリームを使ったバター作り体験。その後4班に分かれて料理をしました。そうして作った料理は、
・横山さんのアイガモ有機米おにぎり ・富樫さんの菜種油と豆腐と醤油で作った揚げ出し豆腐 ・大口さんのラムモモ焼き肉 ・上泉さんの焼きソーセージ ・村上牧場のチーズ ・富樫さんのお酢と菜種油と醤油のドレッシングのサラダ ・村上牧場の牛乳と冨樫さんのきなこの牛乳もち ・横山さんのじゃがいもに体験で作ったバター
です。
みんなで机を一列にしていただきます!
子供たちの心に残る良い日になったかな?

2012年10月14日 (日)

小さな町の小さなマルシェ

2012年10月 4日 (木)

久遠小学校4年生の社会科見学

今日はせたな町大成区の久遠小学校4年生の社会科見学です。学校の子供たちとは積極的に関わりたいと始めて久遠小学校とは4年目です。さらに今回の担任の先生は僕の小学生の頃の先生。

搾乳体験した牛「花子」の前で記念撮

うちの牧場のあと、上泉さんちに来ました(^_^)v

次は富樫さんちで大豆のお話

次は横山さんちでお米のお話。横山さんの子供への話し方は毎回勉強になります。

最後によしもりまきばにて羊にトマトをあげてふれあいました。少ない滞在時間ですが、教室の外に出て、いつもより五感を使って感じて、子供たちの何か「きっかけ」になればと思っています。来月は実際に見た農場の食べ物を小学校に持ち寄って、親子と生産者で料理をします。

2012年9月28日 (金)

今金中1年生 地域講話

今日は午後から山の会リーダー富樫一仁さんと今金中学校にて1年生に地域講話をしました。

先生から来たお話のテーマ「自然の力を生かした食について」

undefined

写真は富樫一仁さんのお話中。

2人でしゃべると意外と2時間はあっという間でした。

僕は写真を使って簡単な生い立ちと牧場での暮らしの様子を説明。

一仁さんは先日のSTVで放送された特集を見て、講演で使われているパワーポイントで、主にアレルギーのことと自然栽培の自家採取のことを話しました。

一仁さんは重度のアトピーで、アレルギー数値が今も24000と一般成人の80~100倍あって、アレルギー反応はお米をはじめ食べられるものがないほど。

札幌の専門医から数千数万診てきた患者の中でワースト3に入ると言われ、普通なら社会人として外で働けずに点滴暮らしを余儀なくされるくらいなのですが、自然農法のお米を食べて、これなら食べていけると自らも自然農法の農家の道を選びました。

正確に言うとそれしか生きていく道が見つからないほどなのでした。

今では自分の作る米や大豆などの作物や地域の自然な食に支えられています。そして驚いたのが、専門医から「今はもうワースト3ではないよ」とのこと。

なぜなら、一仁さんの数値を上回る子供、新生児が増えてきているからだそうです。一仁さんはその体験から身をもって、食べ物がどのように作られているかの大切さを知らされます。アレルギーで苦しむ子供が少なくなることを祈って。

1年生ということで難しい話は退屈かなと思いましたが、生徒みなが熱心にメモをとっている姿が印象的でした。

undefined

話の途中で、うちの牛乳、チーズと、冨樫さんのだだちゃ豆、菜の花蜂蜜の試食。

みんな美味しい美味しいと言いながらあっという間に完食してくれたのが何より嬉しい!

講話後に校長先生と教頭先生とお話しましたが、とても親身にご理解くださって、来年はよりつながっていけそうです。

2012年9月25日 (火)

石田屋×山の会 収穫祭

252466_495358847141335_568362601_n
昨年に続き、今年も石田屋と一緒に楽しいイベントを行います!

一緒に楽しむ出店者も募集中。

詳しくは石田屋のfacebookページをご覧下さい。

http://www.facebook.com/pages/%E7%9F%B3%E7%94%B0%E5%B1%8B/470075006336386#!/photo.php?fbid=495358847141335&set=a.470766476267239.112919.470075006336386&type=1&theater

2012年6月21日 (木)

山の会でした

今日は台風の後の片付けでした。
午後からは、去年もせたなに来てくださった札幌の松田さんがせたな巡りでうちの放牧地の牛とチーズ工房を見学しました。
undefined
うちの後によしもりまきばへご案内。
夜はよしもりまきばの羊メインのBBQ!
undefined
炭焼きのフォゲット最高でした

2012年3月29日 (木)

チャリティマルシェINはこだて2012

O0720096011871400634

あの大震災から、確か3日後。被災地に駆けつけることもできず、支援金も持たぬ自分に何かできないだろうかと、ツイッターで夢八の國分さんと話して生まれたのがこのチャリティマルシェでした。

昨年の様子
http://reprera.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/326-bc4a.html

昨年は、とにかくアクションを起こしたい気持ちだけで突っ走りました。

それから1年間たくさんのことを考えさせられました。津波被害だけではなく原発による放射能汚染に苦しむ被災者、僕はせたなの脱原発団体「風の町の未来’S」として、福島からの一時避難受け入れなどの活動を行いました。

そして1年経ち、何よりも大きな力は「人と人のつながり」だと改めて確認しました。

その本当に大切なものを見失わず、さらに沢山の人と分かち合うきっかけの場を、と思い、今年もまた國分さんに声をかけ、実現する運びとなりました。

売り上げを出し、支援金を作るのも大切ですが、それよりも、多くの作り手と買い手と支援団体がつながり合う場所になり、さらに今後につなげてゆくようなきっかけの機会にしたいと思います。

皆さんぜひ函館でお会いしましょう!

☆イベント内容☆

・農家など10軒以上の生産者が野菜や加工品を持ち寄ったマルシェ。売り上げは生産品の半額~全額(生産品による)を被災地支援をしている団体に寄付いたします。

・岩手県の郷土料理「ふすべ餅」を地場素材で無料ふるまい!(限定300食)

・被災地支援をしている団体を招いてのトークライブ。
...  EN project Japan・福島キッズ・せたな山の会のトークライブ
 コーディネイターは店主・國分

主催:箱館夢八商店・せたな山の会

協力:秀明ナチュラルファーム北海道・村上牧場・シゼントトモニイキルコト・よしもりまきば・吉田農園・ふるさと直売所・浅井農園・高坂農園・パチンコ富士・小野めん羊牧場・伊勢ファーム・クレイル・ASUKAのチーズ工房・吉澤俊輔家具工房・スルジェ安斎農園・外山農園・他

寄付先
・EN project Japan http://www.enproject.jp/
 (被災地支援活動)
・ふくしまキッズ実行委員会 http://fukushima-kids.org/
 (福島の子どもの短期的・大人数の一時避難企画)
・函館むすびば http://h-musubiba.jugem.jp/
 (函館への避難者支援)

北海道発!被災地へ
パネルディスカッション
わたしたちが今できること
3月31日(土)14:00〜15:30
... 大門旧カメラのニセコ特設会場

被災地支援団体・Projectメンバー・農家・学生、異色のコラボレーション。
被災地の今、これからの支援の形をパネルディスカッション形式で語ります。

【パネラー紹介】
EN Project代表 曽田雄志/EN Project実行委員 佐藤直樹 /ふくしまキッズ 菊池敏孝/ふくしまキッズ 吉田侑矢 /山の会 村上健吾/山の会 冨樫一仁

コーディネイター/國分晋吾

【札幌からのゲストパネラー紹介】

曽田 雄志(EN project Japan代表)
北海道札幌市出身。札幌南高等学校卒業後、一般入試で筑波大学に進学。 2001 年にコンサドーレ札幌に入団。9 年間に渡り一貫して同クラブに在籍し、引退後はコンサドーレ札幌アドバイザリースタッフとしてチームを支えると共に、講演会やサッカー教室での子供達の教育など、スポーツ・教育・食を通しての地域振興や北海道活性化に力を入れて活動している。

佐藤 直樹(EN project Japan実行委員)
札幌駅前に構える焼肉プライムの店長。
自身の実家が被災したこともあり、ENproject Japanに参加。店長という立場に立つ傍ら、自身のお店で集めた義援金を直接南三陸町役場に届けるなど、実際に被災地に足を運び現在も継続的な支援が必要であると訴え続けています。
EN project Japanの活動に一番積極的に参加しています。

558215_414334851917148_100000219118

2011年10月 4日 (火)

石田屋x山の会 屋外レストラン

食x農x陶芸x音楽 ものづくりのフェスティバル

地元の料理人と生産者による 地域の食や農を
より地元の消費者に知ってもらいたく
この時期 収穫祭的な意味合いも含め
... 秋の一日を皆様と楽しみたいと考え 企画したイベントです
同時開催として 野外音楽ライブ 陶芸即売市 ガラス工芸品 等
盛りだくさん.......。
出店者は随時募集中です

●名称
石田屋x山の会 屋外レストラン

●実施日時
平成23年10月9日(日) 12:00~20:00

●開催場所
石田屋 (店舗 及び 駐車場)

(生産者)
ソガイ農園(今金町)秀明ナチュラルファーム(せたな町
ファーム ブレステッド ウィンド(せたな町)
村上牧場(せたな町)よしもりまきば(せたな町)

(参加店)
石田屋(今金町)地元生産者と地域の食材の料理 等
山の会(せたな町)ロコモコ丼 ピタパン トマト羊の炭火焼 等
蕎麦娘(せたな町)手打ち蕎麦
Foundation(今金町)ドリンクブース

(出店者)
陶芸
阿部清志 ABO窯 (旭川市) 阿部雅子 雅窯 (旭川市)
ガラス工芸
西山雪

(出演アーティスト)
中田雅史(札幌市) 弾き語り アキオカマサコ(札幌市)弾き語り
若妻アツシ レーザーアーティスト ソガイハルミツ(今金町)DJ
他 多数.......

その他のカテゴリー

フォト

ツイッター

  • ツイッター
無料ブログはココログ