« せたなの近藤チーズ牧場 近藤恭敬氏と集う会 | トップページ | 貝豆の収穫 »

2012年9月28日 (金)

今金中1年生 地域講話

今日は午後から山の会リーダー富樫一仁さんと今金中学校にて1年生に地域講話をしました。

先生から来たお話のテーマ「自然の力を生かした食について」

undefined

写真は富樫一仁さんのお話中。

2人でしゃべると意外と2時間はあっという間でした。

僕は写真を使って簡単な生い立ちと牧場での暮らしの様子を説明。

一仁さんは先日のSTVで放送された特集を見て、講演で使われているパワーポイントで、主にアレルギーのことと自然栽培の自家採取のことを話しました。

一仁さんは重度のアトピーで、アレルギー数値が今も24000と一般成人の80~100倍あって、アレルギー反応はお米をはじめ食べられるものがないほど。

札幌の専門医から数千数万診てきた患者の中でワースト3に入ると言われ、普通なら社会人として外で働けずに点滴暮らしを余儀なくされるくらいなのですが、自然農法のお米を食べて、これなら食べていけると自らも自然農法の農家の道を選びました。

正確に言うとそれしか生きていく道が見つからないほどなのでした。

今では自分の作る米や大豆などの作物や地域の自然な食に支えられています。そして驚いたのが、専門医から「今はもうワースト3ではないよ」とのこと。

なぜなら、一仁さんの数値を上回る子供、新生児が増えてきているからだそうです。一仁さんはその体験から身をもって、食べ物がどのように作られているかの大切さを知らされます。アレルギーで苦しむ子供が少なくなることを祈って。

1年生ということで難しい話は退屈かなと思いましたが、生徒みなが熱心にメモをとっている姿が印象的でした。

undefined

話の途中で、うちの牛乳、チーズと、冨樫さんのだだちゃ豆、菜の花蜂蜜の試食。

みんな美味しい美味しいと言いながらあっという間に完食してくれたのが何より嬉しい!

講話後に校長先生と教頭先生とお話しましたが、とても親身にご理解くださって、来年はよりつながっていけそうです。

« せたなの近藤チーズ牧場 近藤恭敬氏と集う会 | トップページ | 貝豆の収穫 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今金中1年生 地域講話:

« せたなの近藤チーズ牧場 近藤恭敬氏と集う会 | トップページ | 貝豆の収穫 »

フォト

他のアカウント

ツイッター

  • ツイッター
無料ブログはココログ