« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月28日 (金)

今金中1年生 地域講話

今日は午後から山の会リーダー富樫一仁さんと今金中学校にて1年生に地域講話をしました。

先生から来たお話のテーマ「自然の力を生かした食について」

undefined

写真は富樫一仁さんのお話中。

2人でしゃべると意外と2時間はあっという間でした。

僕は写真を使って簡単な生い立ちと牧場での暮らしの様子を説明。

一仁さんは先日のSTVで放送された特集を見て、講演で使われているパワーポイントで、主にアレルギーのことと自然栽培の自家採取のことを話しました。

一仁さんは重度のアトピーで、アレルギー数値が今も24000と一般成人の80~100倍あって、アレルギー反応はお米をはじめ食べられるものがないほど。

札幌の専門医から数千数万診てきた患者の中でワースト3に入ると言われ、普通なら社会人として外で働けずに点滴暮らしを余儀なくされるくらいなのですが、自然農法のお米を食べて、これなら食べていけると自らも自然農法の農家の道を選びました。

正確に言うとそれしか生きていく道が見つからないほどなのでした。

今では自分の作る米や大豆などの作物や地域の自然な食に支えられています。そして驚いたのが、専門医から「今はもうワースト3ではないよ」とのこと。

なぜなら、一仁さんの数値を上回る子供、新生児が増えてきているからだそうです。一仁さんはその体験から身をもって、食べ物がどのように作られているかの大切さを知らされます。アレルギーで苦しむ子供が少なくなることを祈って。

1年生ということで難しい話は退屈かなと思いましたが、生徒みなが熱心にメモをとっている姿が印象的でした。

undefined

話の途中で、うちの牛乳、チーズと、冨樫さんのだだちゃ豆、菜の花蜂蜜の試食。

みんな美味しい美味しいと言いながらあっという間に完食してくれたのが何より嬉しい!

講話後に校長先生と教頭先生とお話しましたが、とても親身にご理解くださって、来年はよりつながっていけそうです。

2012年9月25日 (火)

せたなの近藤チーズ牧場 近藤恭敬氏と集う会

チーズ製造者仲間の射場くんから案内がありました。
近藤さんのお話しを聞く機会は貴重ですので、ご興味のある方は出席のお申し込みをお願いします。

。。。。。

初秋の候、皆様にはご健勝のことと察します。
今回、瀬棚の近藤チーズ牧場を経営していた近藤恭敬氏が来道し、
アンジュ・ド・フロマージュにて講演会を行います。
この機会にチーズ工房草分け的存在の近藤さんの歩んできた道を知り、
私達後輩が受け継ぐ志を聞く機会を設けましたので、是非ご参加ください。
[日時]2012年10月6日(土)
[場所]アンジュ・ド・フロマージュ
北海道寿都郡黒松内町字赤井川114番地
[講演者]近藤恭敬氏
[会費]5000円(講演会のみ2000円、お食事会のみ3000円)
[予定]12:00~ OPEN
13:00~17:00 講演会
18:00~21:00 お食事会
[問合わせ&申込み]アンジュ・ド・フロマージュ 三浦豊史(ミウラトヨフミ)
TEL 090-3018-2420  FAX 00136-75-7401
[主催]株式会社 アンジュ・ド・フロマージュ

石田屋×山の会 収穫祭

252466_495358847141335_568362601_n
昨年に続き、今年も石田屋と一緒に楽しいイベントを行います!

一緒に楽しむ出店者も募集中。

詳しくは石田屋のfacebookページをご覧下さい。

http://www.facebook.com/pages/%E7%9F%B3%E7%94%B0%E5%B1%8B/470075006336386#!/photo.php?fbid=495358847141335&set=a.470766476267239.112919.470075006336386&type=1&theater

2012年9月21日 (金)

小さな町の小さなマルシェ

Photo

Photo_2

小型自家用風力発電に興味があって知り合った島牧村の吉澤さんに誘われて、こんな素敵なイベントを一緒にやることになりました。

出店する僕も今から楽しみです。ともに心地よいひとときを過ごしましょう。

イオテクノロジー 自家発電

上杉望 リストア自転車 木工
(http://ganga.exblog.jp/)

pour ma fille パターンshop(洋服の型紙)
(http://shop.pour-ma-fille.com/)

島牧で楽しむ会 蜂蜜、植樹、無農薬米など

杉本洋鍛冶工房 鉄器
(http://www.d2.dion.ne.jp/~buna_ns/)

ブナの森自然学校 自然体験プログラム
(http://www.d2.dion.ne.jp/~buna_ns/)

松浦喜英  陶器

松風 ニセコの和菓子屋さん
(http://matsukaze.upas.jp/top.htm)

宮城愛 シンガーソングライター
(http://www.youtube.com/watch?v=a8Iw59lSEIg&feature=related)

武者千夏子 磁器(九谷焼)

山の会 チーズ、農産物
(http://www12.plala.or.jp/mkfarm/)

吉澤俊輔 木の物
(http://www.shunwoodworker.com/)

楽音楽日 無農薬スダチ paryakaの服
(http://blog.livedoor.jp/rakuonrakujitsu/)

宮城愛ちゃんライブ 1500縁(中学生以下無料)
宮城家の無農薬すだちと島牧養蜂場の蜂蜜のすだちハニージュースつき。

そのほかにも、ランチに北海道産小麦の自家製天然酵母パンのサンドイッチ、
風力&太陽光発電システムの公開、その他楽しいイベント盛りだくさん!!
北海道は紅葉も綺麗な季節なのでぜひみんなで遊びに来て下さいね

日時:10月13日、14日 10時~17時

場所:北海道島牧郡島牧村千走21(ネイチャーin島牧内)

入場無料

主催 上杉望、吉澤俊輔

省資源、省エネルギーでイベント開催します。

参加者、ボランティアスタッフ、募集中です!
お問い合わせはこちらまで
mail☆shunwoodworker.com (☆を@に変えてくださいね)

2012年9月19日 (水)

よりナチュラルなフェルミエへ

ご無沙汰しています。
7月末より、うちの毎日の作業を大きく変えました。
うちの親牛ジャージー4頭、若牛ジャージー3頭ブラウンスイス2頭ホルブラ1頭を今までのホルスタインと一緒に飼っていたのを分けて僕が飼い、ホルスタインは両親が搾り出荷し、ジャージー4頭は写真のように野外で別に搾り、そのミルクを毎日チーズに加工しています。
従来より効率は悪くなりましたが、こうしていのは、昨年ハードチーズに悪影響を与える酪酸菌による失敗があり、原因のサイレージ(発酵牧草)を与えないように飼育管理を分けないとチーズを作...
り難くなったこと。
そして、やりたい牛の飼い方をするためです。
ジャージーたちは24時間放牧のもと、配合飼料もビートパルプもやめて、青草と富樫さんの自然農法の米糠とおからを与えています。
まだまだ始めたばかりで、配合飼料をやめたことによる弊害もこれからあるかと思いますが、
穀類、遺伝子組み換え、化学肥料に依存しない、人の食べられない草を乳にし恵んでいただく牛の本来の素晴らしい働きを活かして、
緑がある限りいつまでも持続できる牛と人との暮らしを、チーズを通して食べてくれるみなさんと共に少しずつ実現していきたいと思います。

386079_361401373940654_576776398_n


426600_471765822868375_1931940190_n

« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »

フォト

ツイッター

  • ツイッター
無料ブログはココログ