« 風の町の未来’Sより 福島の方々の一時避難の受け入れについて | トップページ | い、いかん »

2011年7月21日 (木)

2011Slow Fish せたな海フィール!

2011Slow Fish せたな海フィール 開催内容

<今年のテーマ>
 奥田シェフから味わう「いのち」と「旬」
―夏のせたなに来てけッチャーノ!―


<コンセプト>
 せたなの海や山に親しみ、その魅力を存分に楽しむ。
奥田シェフを招き、地元食材を料理で表現していただく事により、
魅力の再確認とあらたな利用価値の可能性を探る。
食材の露出を上げる事で、生産者・一般生活者の意識を高め
消費行動をも喚起する効果を期待したい。
奥田シェフは震災後いち早く被災地に入り、炊き出しやチャリティー活動を
されている事から、現地の真の様子を知り、これからの支援のあり方・災害への
心構え、更にはいのちと食~人間の根本的テーマについて学ぶ。
夕日を見ながら奥田マジックで喜ぶ食材たちに会おう!
せたなの官能的晩餐にご期待下さい。
*開催期間中その様子をUstreamにて配信予定!**

・講師 奥田 政行 氏  プロフィール
http://www.ques.co.jp/alchecciano/

okudaphoto
1969年山形県鶴岡市生まれ。高校卒業後に上京し修業。
2000年、在来野菜など、地元生産者の顔の見えるこだわり食材を使う店「アル・ケッチァーノ」を開業。
2004年 「食の都庄内」親善大使に任命。イタリア・スローフード協会国際本部主催の「テッラ・マードレ2006」で、世界の料理人1000人に選ばれる。
2009年、銀座に山形県産食材を用いたイタリア料理店「YAMAGATA San-Dan-Delo」をオープン。スペイン・サンセバスチャン世界料理大会招聘。
2010年、第1回「辻 静雄食文化賞」受賞。国内外を舞台に山形・庄内の食材の素晴らしさを広めている。
※バルコサッポロHP http://barcom.jp/ より引用

<主催>北海道スローフードフレンズ帯広

<後援>せたな町・檜山振興局・せたな観光協会・山の会・せたなcollabo・瀬棚ライオンズクラブ・北部檜山クラスター研究会

<協力企業>東ハイヤー

<日程>7月23日(土)~24(日)

<場所>せたな町 瀬棚ふれあいセンター(せたな町瀬棚区共和590-1
             中歌漁港及び周辺海岸・村上牧場・よしもりまきば
             ()マーレ旭丸 2F (瀬棚区元浦)〔二次会会場〕


<スケジュール>

23日(土)
11:30~ 受付・集合(マーレ旭丸2F)

昼食・オリエンティーション
バスで生産地を見学
イカ釣り体験・漁業のはなし
温泉
ガンバレ東北!チャリティー講演アル・ケッチャーノ奥田政行氏と語る会
(被災地の現状と料理について)
奥田シェフと塚田シェフのコラボ、イカ刺し作り体験

海の幸バーべキュー
交流会


24日(日)
朝食
海水だけで豆腐つくり
そば打ち実演
下記希望コースを選択
○海満喫
○モッツァレラチーズつくり体験
○ミニトマト収穫体験(サフォーク毛刈りに変更になるかも)
昼食
解散 13時

<宿泊場所>せたな町内の民宿(マリン倶楽部 他)


<募集年齢等>特に定めませんが、小学生以下の場合保護者同伴が原則

<定員>50名(定員になりしだい締め切り)


<参加費>

    大人 12.000円  子ども 7.000円 
(1泊4食、体験費、保険料等込み)

   
  フレンズ会員以外は500円プラス

   
  上記参加費の他にかかる経費 
      《温泉入浴料》大人500円 子ども300円
      《二次会費》飲む人1500円 飲まない人500円 子ども無料

   
   交流会のみの参加は6.000円

         講演会のみ参加は1.000円
(参加人数×700円を奥田シェフが行うチャリティー活動に支援したい)

   ◎札幌方面からはバスが出ます。南千歳から奥田シェフが同行!

<予定食材>
・いか・うに・ホタテ・ホッケ・サクラマス・ソイ・海老・天然天草ところてん・鶴の子大豆・有機栽培ナタネ油・村上牧場セミハードタイプチーズ・平飼いたまご・近藤チーズ、バター・放牧黒豚肉・無添加ソーセージ・有機栽培トマト(40種の中から)・アイスクリーム・パンダ納豆・そば粉・無or減農薬有機夏野菜など

<持ち物>
○ 
水に濡れても良い服装
  (長袖+長ズボン、その下に水着もしくは化繊の乾きやすい服)
○ 
水に濡れても良い靴
  (かかとのないサンダルは×、履いてくるものとは別に用意下さい)
○ 
帽子、軍手、日焼け止め、虫除け、タオル、懐中電灯、雨具、エプロン、
   三角巾、ふきん、風呂・洗面道具、着替え等


【参加希望者は以下をコピーし下記事務局へ送信して下さい。】
  メール info@slowfood-friends.org  ファックス 011-614-7105

。。。。。。。。。。

僕も山の会としてお手伝いします。24日のモッツァレラチーズ作り体験も当工房内で対応します。

せたな町の方ももちろん参加可能!講演会のみでも部分参加でも可能なので、詳しくはお問い合わせください(^▽^)ノ

<2011 せたな海フィール 参加希望フォーム>

名前(家族での参加は列記し、子どもは学年を入れて!)

住所(市町村名まででよい)

電話番号

チェックを入れてください。
□全日程参加 23日のみ参加 □24日のみ参加 □講演会のみ参加
□車出せます □だれか乗せて下さい □相乗り決まっています
JRで長万部まで □空港までお迎え希望
□宿泊します □事情があり個室を希望(  )名1部屋
 (基本的には相部屋ですが) 
体験 □海コース □チーズコース □トマトコース
(1つのコースのみ選んでください)
二次会参加 □二次会参加しません。
□お酒飲みます □お酒飲みません

(有)マ~レ旭丸 西田たかお
北海道久遠郡せたな町瀬棚区元浦161-5
TEL 0137-87-3455
FAX 0137-87-3804
URL http://www.asahimaru.com/
mail    info@asahimaru.com

« 風の町の未来’Sより 福島の方々の一時避難の受け入れについて | トップページ | い、いかん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1103779/40907611

この記事へのトラックバック一覧です: 2011Slow Fish せたな海フィール!:

« 風の町の未来’Sより 福島の方々の一時避難の受け入れについて | トップページ | い、いかん »

フォト

ツイッター

  • ツイッター
無料ブログはココログ