« カチョカバロ本日製造 | トップページ | 今朝、2頭出産 »

2010年2月18日 (木)

カチョカヴァッロ・シラーノ

Ca390002

写真じゃわかりにくいですけど、、、

このカチョカバロはうちの通常の10倍以上の大きさ、約2kgあります。これを昨日試作で作りました。

日本でも有名なナチュラルチーズ「カチョカバロ」ですが、日本で多く作られているのは、うちで作っているものと同じ、約200g程度の小ぶりで可愛いものです。

オリジナルの原産地イタリアでは「カチョカヴァッロ・シラーノ」といって、このサイズ(約1.5~2.5kg)が一般的なのです。

本などの情報だと、イタリアではこのカチョカヴァッロが各家庭で吊るして保管され、それをさまざまな料理にすりおろして使い、

常温により染み出してくる脂を、チーズの下に置いた皿で回収して、それも料理に使われるそうです。

(チーズに詳しい方、間違っていませんよね?coldsweats01)

正直なところ、小ぶりなカチョカバロは国内の多くの工房で作られているので、それよりもまだ国内でそれほど作られていないオリジナルの大きさのカチョカヴァッロに僕は作りがいを感じます。

でも、見た目が可愛く有名な小ぶりのものは、贈答で喜ばれるようなので、どちらも作っていけたらというのが今の考えです。

« カチョカバロ本日製造 | トップページ | 今朝、2頭出産 »

コメント

カチョカバロ 大きい方が焼いたとき ボリュームも味も楽しめますね

ryuji_s1さん

そうですね、大きい方が長期熟成も可能になるので、
味にもコクが出て美味しく仕上がるかと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1103779/33436496

この記事へのトラックバック一覧です: カチョカヴァッロ・シラーノ:

« カチョカバロ本日製造 | トップページ | 今朝、2頭出産 »

フォト

ツイッター

  • ツイッター
無料ブログはココログ