« 昼夜放牧&育成牛の放牧 | トップページ | 最近のこと、まとめてアップ! »

2009年5月19日 (火)

新緑と給食と青年部

Ca394192

場内の木々も鮮やかな緑の葉が出てきました。

この小さな育成牛2頭も、牛舎内から、こうして外に出られるパドックのある牛舎に移動、太陽の下でのびのびと過ごしています。

。。。。。。。。。。

12日に地元で僕の母校の馬場川小学校で、給食の試食会があり、生徒と先生方と、地元の大人と、給食センターの所長、北桧山中学校の栄養管理の先生たちが参加していました。

Ca394188

メニューは、麦ご飯、うずらの卵のカレー、キャベツとセロリとツナのサラダ、ハンバーグ、牛乳です。

中学校以来の懐かしい味に昔を思い出しながら、今の給食を味わいました。

その後、生徒と校長先生以外は通常授業、他の参加者で意見交換会。

現状の話や、給食をこうしたいなどの話がありました。

作るスピードも大事で、決められた費用の中、給食センターでは約850食を5人で作っているとのこと。

ほとんどが機械作業、そして1品目は冷凍物だそうです(今回はハンバーグ)。

米は地元の北桧山産、野菜は極力近辺のもの、今回のカレーの豚肉は八雲産だそうです。

冷凍物も中国産ギョーザの問題より、極力国産加工のものらしいです。

牛乳は僕の学生の頃と変わらず、北海道乳業の紙パックです。ちなみにうちの牧場やこの地域は北海道乳業に牛乳を出荷しています。

さらに、給食の残飯は特に中学生が多いようです。その残飯は学校ごとに計量され、お金を払って処理しているとのこと、、、

給食センターとしても、こうして学校と地域の大人を交えて話し合いをするのは初めてのようでした。

今回で何かが決まったわけではありませんが、それぞれの給食に対する考え方や要望を出し合い、今後に発展させていきたいと思いました。

給食センターの見学や、栄養管理の先生を呼んで大人も参加できる授業も可能だというので、そのうちまた参加したいですね。

この日の事は、他の参加者もブログに書いてますので見てみて下さい。

富樫さん 「パンダのたはこと」

http://snfh-togashi.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-dd3f.html

森垣さん 「週刊 モリガキ農園」

http://yaplog.jp/morigaki/archive/782

。。。。。。。。。。

13日、青年部の活動で「廃プラ農ポリ回収」がありました。

Ca394191

地域の事業のひとつで、廃プラ(サイレージロールのラップ)と農ポリ(ビニールハウスのビニール)を、それぞれの牧場で肥料袋に詰め、それを青年部がトラックを出して回収し、まとめて業者に引き取ってもらっています。

今年度より瀬棚地区の青年部は6人引退し、部員は8人とかなり少なくなったので、若松地区の青年部と合併したのですが、この瀬棚地区での活動は瀬棚の支部で行うことにし、人手の足りなさはOBに依頼して行いました。

全部で6台のトラックが集まり、そのうち我が家のトラックも使いました。僕もトラックを運転し、自分のとこの廃プラと、うちの近所の牧場の分を回収。

全部で肥料袋約250個分が集まりました。

。。。。。。。。。。

15日の夕日。5月の晴れの日は牛にも人にも一番過ごしやすくて心地よい季節ですね(^^)

Ca394184

« 昼夜放牧&育成牛の放牧 | トップページ | 最近のこと、まとめてアップ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1103779/29686298

この記事へのトラックバック一覧です: 新緑と給食と青年部:

« 昼夜放牧&育成牛の放牧 | トップページ | 最近のこと、まとめてアップ! »

フォト

ツイッター

  • ツイッター
無料ブログはココログ