« 瀬棚中学校PTA研修会 | トップページ | ジャージーの花子 4回目の出産 »

2008年11月28日 (金)

小説「セタナ通信」

セタナ通信 Book セタナ通信

著者:野原 由香利
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

こんなタイトルの小説が発売されました!

著者は、野原由香利氏です。

野原さんの本はこのブログでも過去に紹介しましたが

(こちらの記事を参考にしてください↓)

http://unagidogyuka.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_f670.html

http://unagidogyuka.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_b2e0.html

今回は著者が初の小説を書かれました。

この小説の内容を頭の部分だけ紹介すると、

物語の主人公は、仕事のために息子を連れて移住する。札幌から岩内を抜け、三本杉が見えたところで山の中の道へ。そこは瀬棚町西大里。山の名前はがんび岱。

そう、この物語の舞台は、題名の通り瀬棚町で、主人公の住む場所はうちの牧場もある、西大里がんび岱なんです!

僕は慣れ親しんだ土地だから、情景がすぐ目に浮かぶのですが、瀬棚を知らない人も、この地域を思い浮かべながら読んでもらえたら、やっぱり僕まで嬉しいですね。

それに、僕のブログをいつも読んでくれている方には、より見えやすい情景があったり、ちょっとした「秘密」もあったり(^_^)v

物語は、主人公と近所の酪農家やさまざまな地域の人々と関わりながら進んでいきます。

興味のある方はぜひ、読んでみてください。本日発売です!

↓の表紙をクリックしてください↓

セタナ通信

« 瀬棚中学校PTA研修会 | トップページ | ジャージーの花子 4回目の出産 »

コメント

おもしろそうですね。
読んでみたいと思います♪

ひみつ。。。
気になるぞぉ~(笑)

なんせ、道南好きの私には興味あるね。

よし!読んでみましょ!

本屋さんを探しましたがなく、聞いてみたら、東京の発売日と北海道の発売日にズレがあるらしいです。そんなことってあるんですね!

カウベルさん

農家も多く登場するので、楽しく読めるかと思います。
僕はこの記事を書く前日の夜中に6時間ぶっ通しで読みきりました(^^;

髙木牧場さん

秘密は、読んだら「あっ」と気づくかと思います(^^)
ぜひぜひ読んでみてください。

マイタエコさん

えっ、それを聞いて初めて知りました。わざわざ探してもらったのにごめんね(>_<)
で、確認したら12月上旬に北海道で販売されるようです。
もしまた機会があったら探してみてください(^^)

「セタナ通信」読みました。北海道の田舎の日常生活が、脱日常の出来事を交えて淡々と綴られ一気に読みました。人生ですから、嬉しいことも哀しいことも、いろいろな形で降りかかります。当たり前のことなのに、人間はそれほど冷静には受け止められません。慌てたり、騒いだり、はしゃいだりしながら、それでも前へ前へと歩きます。今までも、これからも。セタナの風に幸あれ!

トッカリボスさん

はじめまして、コメントありがとうございます。
セタナ通信読まれたのですね、小説を通して、瀬棚の事に少しでも興味を抱いていただけたなら、僕も嬉しいです。
HP見ました。もし近くにお立ち寄りの際には、ガンビ岱をドライブして夕日を見てみてください!

とても愉しく読めました。作者の存在は小田豊二さんに教わったのです。
十勝への移住を夢にみていたのですが、ますます現実味を帯びてきました。
「草の牛乳」も良かったです。

色んな社会問題もおりませながら、ためになりました。
作者とお会いできることがあるのを願っております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1103779/25717072

この記事へのトラックバック一覧です: 小説「セタナ通信」:

« 瀬棚中学校PTA研修会 | トップページ | ジャージーの花子 4回目の出産 »

フォト

ツイッター

  • ツイッター
無料ブログはココログ