« レシピ更新しました | トップページ | 漁火のあかりは »

2008年11月14日 (金)

冬がもうすぐそこに

Cimg3814

先日初雪がチラッと降りましたが、それ以降は穏やかな天気が続いています。

しかし放牧地の草はもう伸びにくくなっているので、放牧場にロールの草を置いて、それも食べられるようになっています。

来週からは荒れた天気になる予報なので、放牧もあとわずかですね。

さて、今週火曜日11日に北海道新聞の渡島檜山の欄にカラーで大きく、つなぎを着た僕がチーズを持った写真と共に記事として掲載されました。

道新の記者の方、ありがとうございました。

記事の反響もあり、水曜日の途中でモッツァレラを切らしてしまい、お客様にご迷惑をおかけしました。申し訳ございませんでした。

その水曜日に製造し、ただ今は店頭にて販売していますのでよろしくお願いいたします。

その販売ですが、モッツァレラは特に料理で活躍するチーズです。その食べ方までご案内できるようにとレシピのブログを立ち上げ、

今日やっと、そのレシピも含めたモッツァレラのガイドとなるパンフレットを作りました。

その内容がこちら

Photo_2

レシピブログでも新たに「モッツァレラのお刺身」と「ホエイジャム」をアップしましたので、ご覧下さい。

http://reprera.cocolog-nifty.com/recipe/

そのホエイジャムの試作をしていての出来事。

1回目は煮詰めすぎてしまい、飴状になってしまいました。

それを冷やして固めたら、

Cimg3808_2

こんな感じに出来上がり、お菓子になってしまいました。でも、これはこれで美味しい!

キャラメルのようだ。んっ・・・!?「ホエイ生キャラメル」・・・なんてね( ̄ー ̄)ニヤリ(爆)

そして、今度はジャムを煮詰めすぎないように気をつけ、出来たのがレシピでの写真のものです。

調子に乗って、よし、ミルクジャムもあるから「ホエイミルクジャム」なんてどうだろう!

と、意気込んで試作。

、、、チーズに詳しい人ならもうここでオチがわかるでしょう。

僕も気がつかなかったことが恥ずかしい(>_<)

ホエイと牛乳を入れて火にかけていると、温まってきた所であれよあれよと固形分が浮いてきて、豆腐状に。

そうです、リコッタチーズを作ってしまったんです。

ざるにあけたものがこれ

Cimg3807

リコッタチーズは、ホエイを「二度煮る」という意味の通り、ホエイにミルクや生クリームを加えて加熱した時に出来る酸凝固のチーズです。

作っていて「あぁしまった!なんで気がつかなかったんだ・・・」と複雑な心境でした。

。。。。。。。。。。

最後に11月の夕日。家の二階の窓から撮りました。

Cimg3765

Cimg3806 

« レシピ更新しました | トップページ | 漁火のあかりは »

コメント

ホエイキャラメル、最高じゃないですかー^^
失敗が新しいアイデアを生むのだ!^0^
リコッタチーズって、そういう意味なんだー。
相変わらず夕焼けきれいすぎます。

おー!ホエイジャム!
おいしそう~、普通のミルクジャムより、シロップっぽい感じになるのかなー。
固まったおかし、なつかしのミルクケーキを思い出しました。見た目。
このさい、リコッタチーズも作れますって、チラシに書いてみては…(笑)
リコッタにジャムかけてたべるのが大好きでした。
カメラ目線の牛がかわいすぎー。

ホントだね~なかなか気がつかないかも(^▽^;)
でも、さらにリコッタから出たホエイがかなりの無タンパクだと考えれば・・・
今度はそのホエイに砂糖だけ足していけば、ホエイジャムあり得るかも!?
もう、捨てる所なしだ!!!!(笑)
そんな意味では牛みたいだね。骨も皮もすべて価値ある家畜だもんね。

今日も北見の蛍家で酪恵舎のモッツァレラとトマトのオリーブソースがけを
食べてきちゃいました♪あの柔らかさ、ケンゴくんに頂いたチーズ思い出します。
しかも今日は同じく白糠のめん羊牧場武藤さんちのラムサフォークを
モツ串焼き、生ラムのたたき、ジンギスカン、石焼ステーキ、ラム餃子・・・
と、このラムを目当てに行きました!ラムだけで6000円分食べた~(^▽^;)
このお店では、1頭仕入れても3日で無くなるというので、旦那が
焦って「今晩外食だ!!!!」と即決でした。
特に生ラムのたたき・・・めちゃ柔で、めちゃウマです。
うちの羊もこの春にオスが生まれたら、
来年秋頃、サフォークよりもっと美味しいサウスダウンのラム、頂きます!
生ラムのたたき、絶対作ります!!

おっと・・・長々とごめんね。明日から弟の結婚式で実家に帰ります~(⌒ー⌒)ノ~~~

好調なスタート、良かったですね!

ホエイとは出会ったことがないのでホエイジャムは…
想像してみます…

甘い?すっぱい?苦い??想像つきませんでした。
前に…十勝で食べたホエイ豚はおいしかったです。

夕陽すごくキレイですね!
こんなにキレイに撮れるんですね!
すごいですねー。

はたかおりさん

ホエイキャラメル、失敗の思わぬ副産物でした。
ふっふっふ、お楽しみに( ̄ー ̄)ニヤリ
秋の夕日はいいものです。が、冬の日本海はどんよりしがちなのです。
キビシイ季節が来ますね(>_<)

とみさん

ホエイジャムは甘酸っぱくて爽やかで、ミルクジャムとはまた違う美味しさです。
今回作ったのはシロップ状でした。粘り気は煮詰める加減ですね~。
リコッタのレシピ、いいですね!
今度市販の牛乳で上手く出来るレシピを模索してみます。
写真手前の牛たちは、なんでも興味がある若い牛たちですよ(^^)

ラムネさん

弟さん、ご結婚おめでとうございます!

リコッタになったときは、慌てましたね(笑)
でも、ありですね!ラムネさんのアイデアはもっとありですね!
リコッタ作った後のホエイでさらにジャム作って。

なんだかモッツァレラ以上にホエイが喜ばれたりして(^_^;)

うちの製造で出たホエイは、全て豚の飼料になるので、余すことは無いのですが、
もったいないですよね。
そのうち、ホエイが欲しい方には提供しようかな、何てことも考えています。

蛍家のラム!?うお~、話聞いただけでヨダレがぁ(≧m≦)
1頭買いで鮮度がいいんでしょうか?
もう頭の中が生ラムのたたきでいっぱいです。めっちゃ想像しています(笑)
こりゃ1年後、ラムネ家に遊びに行かないと(爆)

マイタエコさん

ホエイジャム、ちょうど食べられたようですね!
今回作ったものは、モッツァレラの製造で出来て、モッツァレラの浸水用のものですが、
作ったチーズの種類によって違うホエイも出来るし、ホエイの中にいる乳酸菌の働きをコントロールして、酸度(酸っぱさ加減)も変えることが出来ますよ!
こう考えると、ホエイで作る製品もこだわり出したらいろんな味を表現できそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1103779/25320958

この記事へのトラックバック一覧です: 冬がもうすぐそこに:

« レシピ更新しました | トップページ | 漁火のあかりは »

フォト

ツイッター

  • ツイッター
無料ブログはココログ